ケルセチン

ケルセチン摂取量の目安

ケルセチンが含まれる食品の代表的なものは「玉ねぎ」です。特に玉ねぎの皮(茶色い食べられない部分)に多く含まれています。皮は火を通しても柔らかくなりにくいため、可食には向いていません。

続きを読む

ケルセチンの効果や働き

2005年に行われたある健康食品の会社の研究によると、健常成人6名にケルセチンを経口投与した後、継時的に採血したところ、血中の抗酸化活性が上昇することが認められました。

続きを読む

ケルセチンとは

ケルセチンとは、野菜や果物に最も広く存在しているフラボノイドです。玉ねぎの黄色色素としても知られている成分で、リンゴやサニーレタス、ブロッコリーなどにも多く含まれています。

続きを読む